蜂の被害や巣の撤去でお困りの方へ│退治は慎重に行いましょう

作業者

安全な服装をしましょう

作業者

蜂の退治を行なうときは、服装に気を付ける必要があります。服に隙間があると、そこから蜂が侵入して刺されてしまいます。したがって、退治の際はできるだけ隙間を作らないことが大切になります。半袖半ズボンは非常に危険です。基本的に素肌を見せないようにする必要があるので、必ず長袖長ズボンで行くようにしましょう。これらは全て2枚重ね以上を着るようにしてください。夏場は暑くて大変ですが、蜂に刺されないための対策は打っておく必要があります。近年になって、スズメバチやクマンバチが危険だという認識は広まっていますが、人によってはミツバチなら大丈夫だと考えている方がいるようです。しかし、ミツバチも集団になると危険です。あまりにも大量のミツバチに刺されると、最悪の場合は死亡してしまう可能性があります。そのため、たとえミツバチ退治であっても、服装には最大限の防備で臨む必要があります。足元にも警戒しましょう。できるだけ革が厚いブーツのような靴を履き、ズボンと靴に隙間ができないようにしましょう。また、手先はよく蜂に狙われる場所だとされています。厚い手袋を着用することで、蜂の攻撃から身を守ることができます。頭や首筋も防御する必要があります。首筋にはタオルなどを巻いて、肌が露出しないようにしましょう。また、頭には帽子を被ることが大切ですが、できれば、顔全身を覆うことができるような機能を持ったものを着用するといい、とされています。退治の際に着る洋服の色は、できるだけ白色のものを付けるようにしましょう。黒いと蜂から狙われやすくなるようです。