蜂の被害や巣の撤去でお困りの方へ│退治は慎重に行いましょう

作業員

安全な服装をしましょう

作業者

蜂の退治は、肌を露出しない防備服を着用するようにしましょう。長袖長ズボンを基本として、手先と足先にはそれぞれ手袋と厚めの靴を着用してください。また、頭には帽子を、首筋にはタオルを巻いて、蜂からの攻撃に備えてください。

詳しく読む

駆除依頼の流れと注意点

蜂

蜂の退治は素人が行なうと、どうしても危険が伴います。そのため、専門の業者に任せてみることが大切です。自分で退治するとなると、防備服や殺虫剤を購入する必要があります。また、できるだけ安全に駆除するために、蜂の生態に関する知識集めをしなくてはなりません。このように自分で駆除を行なうことは、お金と手間がかかるのです。しかし、仕事などで忙しい方は、このような調べ物をしている時間がありません。そのような方にこそ、業者に駆除依頼して効率的に対処することをおすすめします。

駆除依頼は基本的に電話でしますが、最近の業者は自身のHPを運営していることが多いようです。そのため、インターネットから申し込むことも可能です。申し込みが完了したら業者は自宅まで出張に来て、駆除費用の査定をしてくれます。蜂の種類や巣の大きさ、その数によって料金は異なるため、それぞれの事情によって料金は変わってきます。しかし、個々の状況によるとはいっても、査定まで料金が分からない、ということを不安に感じる方も多いと思います。そのため依頼する業者は、基本的な料金体系が存在しているところに頼むことが大切です。その場合、見積りの前の段階からある程度の料金を把握してから依頼することができます。

駆除作業当日は、業者に従うことが大切ですが、もし小さなお子さんがいる場合は離れた場所で待機させておきましょう。蜂が駆除中に逃げ出して、近くの人に危害を加える可能性が全くないとは言えません。子どもは大人と比較すると抵抗力がないため、刺された結果、何らかの病気になってしまうかもしれません。そのため、駆除当日はできるだけ離れた場所で、作業が終わるまで待たせておくようにしましょう。まだ分別がつかないお子さんの場合、その場でじっとしていることが難しいことがあります。年齢が小さいお子さんは、誰か大人の方と一緒に待たせておくことが大切です。

刺されたときの対処法

蜂

蜂に刺されたときはすぐに巣から離れて、退治を中止しましょう。手で追っ払ったり、大声を出したりすると蜂の警戒心を煽ることになるので、静かにその場から逃げることが大切です。また、アナフィラキシーショックにも気を付けましょう。

詳しく読む

種類で駆除方法が異なる

女の人

蜂の退治方法はその種類と巣によって変化します。したがって、それに対応した方法をとることが大切になります。簡単で安全な駆除をしたい方は、スプレー型の殺虫剤を使用しましょう。

詳しく読む